【TOEIC初心者300点台から脱出する方法】基礎英語を学べるおすすめ参考書3選!

この記事では、TOEIC初心者300~400点台前半から脱出する方法として、基礎英語を学べるおすすめの参考書をご紹介します。

英語学習を始めたい!先ずは中学英語から始めるべきってよく聞くけど参考書がありすぎてどれが良いのか分からない…という方が多いと思います。筆者も失敗しました。。

そこで筆者は、“英語学習の参考書をおすすめしている本”を買いあさり、そこから厳選して参考書を何冊か購入しました。良いテキストと出会えた結果、TOEICスコアUPに成功しています。

今回はその中から実際に基礎英語学習に役立ったおすすめの参考書のみご紹介していきますのでご参考になれば嬉しいです。

TOEICの基礎英語対策。増えている理由

今日ではIT化が急速に進み、社会の国境がなくなりつつあります。

その影響でグローバルスタンダード化が急速に進み、大手企業を始め英語がビジネススキルとして必須となっていることが多く見受けられるようになりました。東京オリンピック開催や観光者増加で、インバウンド効果を強める動きも活発ですよね。

また、大学試験では民間の英語検定(TOEIC)が利用されるなどTOEIC運営者のIIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)は2019年7月のプレスで、検討してきたTOEICの大学入試英語成績提供システムの正式な取り下げを発表。社会人から学生まで幅広い世代で“英語意識”がここ数年強くなったように感じます。

それらの影響で英語を学習する方が増加していますが、英語スキルを確認する指標の1つとして、TOEICのスコアがよく使われています。例えばビジネスでは、昇格や就職条件としてスコア“○○点以上”などとよく見かけるようになりました。TOEIC対策を必死に行うわけですよね。

これらの流れがキッカケで僕も英語学習を本格的に始めようと考え、先ずは中学レベルの文法テキストを一冊購入しました。

しかし実際始めてみると補足説明などが足りなかったため、理解するのに一苦労でその本はそれっきり。なので、先ずは自分のレベルと求めるものを明確にすることが大切だと強く感じ、それにマッチした参考書を探すことにしました。

ちなみに僕がレベル確認のために受けたTOEIC初スコアは、なんと300点を切っていました!(泣) 中学・高校と英語は結構得意な方だったので、低スコアにショックを受けたことを覚えています。

それから文法の基礎固めを徹底的に行おうと決め参考書を厳選しました。その参考書3冊をマスターした結果、働きながら、半年で300未満⇒440点まで上げることができました!

英文法を基礎から学び直したい方は、ぜひ次の参考書をチェックしてみて下さい。

Sponsored link

TOEIC初心者300点台の方向け!おすすめ参考書3選!

きゃちネコ

Please check the following textbooks out!🐡

①【中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本】

初めにご紹介する「中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本」はタイトル通り、中学校3年間の文法内容がこの1冊に凝縮されています。

初歩的な、品詞の役割、be動詞~関係代名詞まで、基本とする文法を学べます。パートごと各セクションで見開き1ページごとに分かりやすく区切ってあります。例えば比較級パートだったら、原級・比較級・最上級がページで分けられているので“今日はここまでにしよう”と目標が立てやすく捗りやすいです。

そして、セクションごとに基本的なふりかえり問題が2問設置されているので復習が簡単に行えます。

最終ページには各パートごとの問題集があるので仕上げの実力確認もしっかりできます。また、QRコードが付いていてスマホから音声データを落とせるので、それを聞きながらリスニング・発音の練習も行うことができ便利です。

ページ数が多くないので“全部やりきれそう”と思えるのも良いポイントです。絶対的に文法の基礎力が付くのでおすすめです。

  • be動詞から関係代名詞までパートが細分化されていて学習が進めやすい
  • 各ページの“ひとことポイント”が重要点を上手くまとめていて理解が深まる
  • テキストが薄くて絶対やりきれる

②【意味順で学ぶ英会話】

英語学習の最終目標は人それぞれだと思いますが、どの英語スキルにおいても基本の文法知識は必須です。そしてそれを発音することで記憶が脳により定着すると言われています。

こちらの「意味順で学ぶ英会話」は基本文法を学びながら、簡単な英会話を“感覚的”に学べるテキストになっています。付属のCDと一緒にテキストを進めていく形です。英会話初心者向けとなっていますが、文法を学ぶ上でとても大事な内容がメインとなってるのでおすすめです。

大事な内容とは何か?

それは、英文の並び順です。英文の基本構成は“主部+述部”となりますが、その中のSVOなどの単語を定型ボックス【5Ws&How】へ当てはめていくという学習メソッドとしています。

例えば、I played tennis at the park last night. という文法の場合

上図のように主語は【who】、動詞は【does/is】、目的語は【whom/what】と、それぞれのBOXに当てはめていくといった感じです。

文章によって使うボックスが変わってきますが、基本的な並び順は全て決まっているので、このテキストを繰り返しやれば自然と語順が理解でき、感覚的に英会話スキルが身に付きます。

もちろんいきなり流暢にとはいきませんが、頭の中で、最初はwhoが来てisでwhatね。最後はwhenだから時間を表す単語か。という感じでパッと頭に出てくるようになります。

このテキスト学習でとても重要なことは冒頭でもお伝えした通り、CDとの同時進行です。

英語は、発音することによってその単語がしっかり聞き取れるようになります。そして、発音することによって記憶が定着します。そうやって“感覚的”に身に付くものだということを気づかされた1冊でもあります。CDとの併用でひたすら発音しながら進める方法がおすすめです。

  • 【5Ws&How】BOXで英文法を意味順で学べる
  • 超初心者向けリスニング&スピーキング学習の付属CDが分かりやすい!※発音必須
  • 英会話未経験者でも簡単な文法が何となく話せるようになる
  • イラストがゆるくて面白い

もしもスピーキング重視で海外への語学留学を検討されている方はこちらの記事がおすすめです。

【関連記事】【語学留学行くならどっち?】オーストラリアorセブ島?メリットとデメリットを比較
【留学行くならオーストラリア?セブ?】英語環境のメリット・デメリットを徹底比較

③【TOEIC Bridge(ブリッジ) 公式ガイド&問題集】

最後にご紹介する「TOEIC Bridge 公式ガイド&問題集」は、基礎学習の中でもTOEIC対策のためにおすすめする問題集です。

TOEIC Bridge(ブリッジ)とは、TOEICテストを初心者向けにした試験でTOEIC本試験への架け橋的な位置づけとななります。

テスト形式はTOEICと同じですが、単語や文章などを易しい語彙レベルへ変更されたものとなっています。なので、先ずはこのBridge用攻略テキストで形式慣れしてから挑む方が確実に効率良くスコアアップできます

TOEICの公式問題集も存在しますが、いきなりそちらで練習しても基本レベルが追いついていないので、リスニング・リーディングともに理解するまでにとても時間が掛かります。ハッキリ言って時間のムダです。

それよりも先ずは、レベルに合ったBridge問題集を繰り返し解き、満点を取れるまでマスターすることが大事です。そうすれば自然とテスト形式に慣れ、要領が分かってきます。ステップを踏んでいくのは遠回りのように感じますが、これがスコアアップへの近道です。急がば回れ!ですね。

また、問題も1度通してやり切れるボリュームなので、終わったあとは達成感も味わえます。こういったところもモチベーション維持につながりますので、特に初心者の方にはおすすめだと感じます。

  • ブリッジ用なので初心者の方でも理解できる
  • TOEICの形式・要領が分かるようになり初心者スコア脱出に最適
  • 達成感を味わえる


Sponsored link

TOEIC初心者のためのおすすめ学習方法

上述した①【中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本】②【意味順で学ぶ英会話】③【TOEIC Bridge 公式ガイド&問題集】までをこの順番通りに学習していきましょう。

  • 先ずは①を3回以上繰り返して解き、文法の基礎を完璧に理解します。
  • 次に②で音声を聞きながら発音します。音声に続いて発音することをシャドーイングと呼びます。このシャドーイングを最初はテキストを見ながら繰り返し、慣れてきたらテキストを見ずにリスニング力だけで発音するようにします。発音できなかった部分をテキストで見直し、練習するといったパターンで記憶が定着していきます。また、文法で理解が浅い部分については再度①に戻って必ず復習することをおすすめします。
  • TOEIC本番2週間前になったら③を開きましょう。先ずはガイドをよく読み、問題の内容・ボリューム・制限時間などを理解します。テキストには練習問題が2パターンあります。これを一日1パターンずつ交互に行いましょう。間違って分からなかった箇所は答え合わせでよく確認し、理解が乏しい部分は再度①・②を使って復習します。これをテスト前日まで繰り返し、9割以上の得点を取れるようにしましょう。

Note
現状の実力確認として、学習前に実際にTOEICテストを一度受けてみることもおすすめします。自分の立ち位置を把握することは、適応する学習法の素早い発見につながります。また、闘争心に火が付くはずです!

自発的に少しでも英語に触れる機会を増やすことも大切です。Meetupのような多国籍の方と交流できるサービスも多数あるので活用してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】Meetup®(ミートアップ)とは?1人で初めて英会話イベントに参加した結果と感想
Meetup®(ミートアップ)とは?1人で初めて英会話イベントに参加した結果と感想

まとめ

いかがでしたか?僕は働きながら少しずつ進めていたのでTOEIC L&Wスコアを上げるまでに半年かかりましたが、短期集中できる方は更に早い段階で450点以上は確実に取れるはずです!

今後更にスコアを伸ばしていくためには+αとなる応用力が必要となってきますが、基礎学習を怠ると後々の成長スピードに悪影響が出ますので基礎固めは最重要ポイントとして取り組みましょう。

そしてもう一点大切なのが楽しむことだと感じています。語学はただの勉強ではありません。“トレーニング”としてスキルを身に付けて実生活をより有益にさせるものだと思います。

それは、ビジネスのためだけではなく、情報、旅行、音楽など自分が好きなこと、そして人とのつながりだったり。

英語のコミュニケーションによって身近な物事の考え方や価値観が変わり世界が広がります。僕も実際に外国で心から尊敬できる友人と出会えました。そういったことを想像して常にワクワクしながら取り組むことが、楽しく英語学習を続ける秘訣です!

Let’s enjoy studying English for our future 🙂

See you soon!!🐈