【メロコア好き必聴!オフスプ名曲15選】THE OFFSPRINGおすすめ曲を紹介します!

今回は、90年代からパンク・メロコアシーンを一線で引っ張ってきたTHE OFFSPRINGのおすすめの名曲をご紹介します。

GREEN DAYTHE OFFSPRINGの爆発的ヒットにより、メロコア黄金期となった90年代は、BAD RELIGIONを始め、RANCIDNOFXなどたくさんのビッグバンドが有名となった時代です。日本でもその流れでHi-STANDARDが大人気でしたよね!

そんな90年代の中でも、OFFSPRINGは南カリフォルニアの雰囲気やカルチャーを色濃く映し出しており、他のバンドとは一線を画す存在でした。

全世界でCDを4,000万枚以上売り上げている彼らのサウンドは、ちょっパヤなファストパンクからキャッチーなメロディ、ブラックカルチャーやエクストリームスポーツへのアプローチまで、カリフォルニアならではのマルチな音を叩き出しています。

僕はサマーソニック2016の来日で初めてライヴを見ました。Dexter(Vo&G)もNoodles(G)もだいぶオジサンになっていましたが、、

そこでは当時のパワーはそのままに、貫禄ある圧巻のパフォーマンスを見せつけてくれました!名曲をこれでもかというほど披露してくれたので往年のファンにはたまらなかったと思います。僕もずっと鳥肌が立っていました。

僕たち30歳オーバーの世代はモロに懐かしいと思いますが、今の若いメロコア好きの方々にもぜひ聴いてもらいたいバンドです!

オフスプリングおすすめの名曲集!

Pretty Fly (For a White Guy)

オフスプといったら先ずは「Pretty Fly」です。イントロの“Give it to me baby~”は聴いたことがある方も多いはず。ライヴでは大合唱の名曲です。

デクスターがラップしていますが、PVで白人がB-BOYを気取ってローライダーを転がしているのが面白いですよね。これはブラックカルチャーをバカにしているわけではなく、アンチファッションをうたっています。外面ばかり固めても中身が無きゃ意味がない、真似事ばかりするな、というようなメッセージですね。フザけているようで核心を突いているところがカッコいいです。

All I Want

“ヤーヤーヤーヤーヤー”のイントロから始まるちょっパヤな「All I Want」。男気溢れる2分間のファストパンクです。シンガロング必須のフックは、これぞオフスプといった感じです。ファストでタイトなドラミングは爽快です!

Self Esteem

エピタフ・レコード時代に大ヒットしたアルバム「Smash」の代表曲。“ラーラーラララー”のイントロは一度聴いたら頭から離れません。重々しいメロディとシンプルで荒々しいサウンドがどこかグランジっぽくも聞こえます。オフスプ“らしい”ミディアムチューンでカッコいいですね!

Come Out And Play

こちらも「Smash」からの一曲。印象的なギターの中近東メロディがめちゃくちゃクールですよね!これはオフスプの中では定番となっています。パンクをベースに様々なエッセンスを取り入れるあたり、センスの良さとカリフォルニアらしさを感じられます。

The Kids Aren’t Alright

ストレートなメロコアです。大人になるにつれて周りの環境の変化を唄った少しシリアスな曲。ギターソロの鳴きが共鳴していて何ともカッコいいですね。

Why Don’t You Get A Job?

ブラス楽器と裏打ちがスカのような雰囲気で陽気な曲になっています。しかし、歌詞は、ヒモにされている友達の恋人に対して「お前いい加減働けよ」といったメッセージ。ピースフルなサウンドとのギャップが楽しいです!

Sponsored link

One Fine Day

2000年に入ってからのアルバム「Conspiracy Of One」から、ファストで超キャッチーなチューンです。これほどキャッチーで単純明快だと初めて聞く方もとても入りやすいと思います。ライヴではもちろんモッシュ確定でめちゃくちゃ盛り上がります!

Original Prankster

こちらも「Conspiracy Of One」から、シングルカットされている「Original Prankster」。“Pretty Fly”路線のこの曲は、本物のラッパー“RED MAN”をフィーチャーしています。PVではローライダーやスケーターが映し出され、音楽・カルチャーのクロスオーバー感を感じさせられる曲かもしれません。

Want You Bad

ポップでキャッチーな「Want You Bad」はまさしく男の願望を唄ったラヴ(?)ソングです。フックはとても覚えやすいですよ。

Da Hui

サーフィン好きのデクスターとヌードルスが思いついた曲。タイトルの「Da Hui」とはDa Clubの意味で、ハワイ・ノースショアを代表するサーフクラブの集団。2人の知人がDa Huiのメンバーにこの曲を聞かせたら気に入って、PVをハワイで共同制作することになったらしいです。アウェイの白人がロコに吊し上げられるストーリーは面白いです。ちなみにバックボーカルのゲストでは、あの元“Pennywise”のJim Lindbergが参加しているとのこと。

この1分半のちょっパヤチューンは、ブレイク時のギターの中近東メロディが激シブでおすすめです!

Hit That

砕けたキーボードとダンスビートが印象的なこの曲は当時凄く新鮮でした。実際にキーボードをプレイしているのは、2PACの全作品に関わっていたという“Ronnie King”というアーティストです。クラブで掛かったらガンガン踊ってしまいそうな曲です。

Hammerhead

少し懐かしい音色のアルペジオから始まり、疾走感溢れる2ビートで迫ってくるのはいつものオフスプ節。2008年のアルバム「Rise And Fall,Rage And Grace」からのこの一曲はメロディも歌詞も攻撃的です。曲中8ビートへ変速した辺りからは、シャウトがめちゃめちゃロックしていてカッコよすぎです!

Stuff Is Messed Up

往年のアメリカンハードロックな雰囲気のこの曲は、イメージ通り社会や政治への批判を歌い上げたストレートなチューンです。曲中デクスターが、問題提起しているであろう単語を連発しているあたり、感情の強さが伝わってきます。バウンスビートのノリが今までとは少し違った盛り上がりを見せてくれています!

Cruising California (Bumpin’ In My Trunk)

2012年版“Pretty Fly”な感じでしょうか。タイトル通り、海沿いをクルージングしたくなるような一曲です。誰もが聞きやすく分かりやすいパーティーチューンです。爽やかですが少しエモーショナルなメロディが、年を重ねたオフスプの進化を感じられますね。

Americana

最後はアルバム「Americana」の同タイトル曲のライブ映像です。2013年にブラジル・リオで行われたロックフェスです。イントロでの会場の一体感ハンパないですね!ヘビーなイントロから、ボーカルが口火を切ってスタートする演奏がカッコいいです。スピード感、タイト感、メロディとどれをとってもこれがオフスプだ!という感じです!何回聴いてもカッコ良すぎです!

Sponsored link

まとめ

オフスプリング、いかがでしたか?

パンクロックをベースにしつつ、ストレートなファストパンクから、南カリフォルニアならではクロスオーバーな曲まで様々でしたよね!これが何年経っても色褪せない、オフスプの特長ではないでしょうか。

2018年には待望のニューアルバムの噂も出ているので超期待です!

名曲揃いなので、こちらで紹介しきれないのが残念ですが、過去のアルバムには他にもおすすめのカッコいい名曲が揃っていますので下部からぜひチェックしてみて下さい。

See you soon!!🐈