ポルカドットスティングレイは今人気?おすすめ曲とバンドの魅力に迫ります

この記事では、今飛ぶ鳥を落とす勢いのバンド、ポルカドットスティングレイのおすすめ曲とその魅力をお伝えし、人気の理由に迫ります。

普段はあまり邦楽をチェックしていない筆者ですが、2017年にたまたま聞いたポルカの曲に衝撃を受け、久々に邦楽バンドでヘビロテ、どハマりしてしまいました。

何はともあれ、楽曲の前に先ずはユニークな彼らの活動の概略からチェックしてみて下さい!

きゃちネコ

猫好きの人も要チェックだよ?

ポルカはどんなバンドなの?

2015年に結成されたポルカドットスティングレイは、福岡県出身の4人組邦楽ロックバンドです。

「福岡県出身、何かを企む超常ハイカラギターロックバンド」とユニークなキャッチコピーの彼らのメンバー構成は、、↓

結成は、紅一点のボーカル、がSNSでメンバー募集したことがきっかけで現在のメンバーに至っています。

SNSで結成して、たった2年でメジャーデビュー、更に3年で映画「スマホを落としただけなのに」の主題歌「秘密」を歌うバンドになっているなんて、実力もさることながらスピード感がとても現代的で驚きですよね。

それもそのはず、雫さんはマルチな才能があり、元々バンド活動をしながらゲームアプリ開発のディレクターを務めていたクリエイターとしての経験があります。

更にイギリス留学、バンドに関わる作詞作曲やアートワーク、デザインまでも行っており、それらの多岐に渡る才能とビジネス経験が音楽活動に限らず、マーケティングにも見事に活かされているのだと感じます。

企業とも積極的にタイアップしてメディアに露出したりもしています。こちらはAndroidのPVですがめちゃくちゃクールです。

猫も可愛いですが、雫さんのキュートさとスッと耳に入ってくるクリアボイスが印象的ですよね?

そして、気になるポルカの黒猫マスコットキャラクター“ビビ”は、雫さんが一緒に生活を共にしている「ノルウェージャンフォレストキャットのミックス」をそのままデザインしたキャラ。

Twitterでもビビとの相思相愛っぷりが伝わり、猫好きの方からも羨ましがられるほど。(“ビビばしり”というゲームもあります)

SNSを使ったユーザーニーズのくみ取りと自分たちで創り上げた作品のプロモーションが、現代における需要と供給のバランスを上手くマッチさせているのではないでしょうか。それで急速に人気に火が付いたのだと感じます。

そんな雫さんは宇多田ヒカルの大ファンだそうで、かつて彼女が起こした邦楽のムーヴメントのように、ポルカも日本の音楽界に新しい旋風を巻き起こし続けてほしいものです!

雫さんメインでご紹介しましたが、肝心のポルカのサウンドは、エジマさんのファンキーな超高速ギターカッティングとミツヤスさんが叩き出す複雑なダンスビートの躍動感が印象的な楽曲が多く実力も申し分ないです。

さらにウエムラさんの正確でうねるようなヘヴィーなベースが混ざり、そこにさんの透明感と抜け感が気持ちいい歌声が、、とにかくどれも激しくロックしているのに聴き心地がとても良い!という魅力的な曲に仕上がっています。

前置きが長くなってしまいましたが、今からご紹介するミュージックビデオからはそんな4人の演奏テクニックのかっこよさや仲の良さが伝わり、ポルカの魅力が少しでもシェアできるかと思います。ぜひチェックしてみて下さい。

Sponsored link

ポルカのおすすめ曲と魅力はこちら!

レム

僕がポルカを初めて聞いて一瞬でハマった曲が「レム」。イントロの静寂から一気に解放される感じがとても好きです。

高速な裏打ちハイハットのダンスビートと耳に残るギターリフがかっこよくて中毒性があります。

雫さんの透き通るような声と歌唱力が半端なく魅力的ですよね。

ちなみにこの曲は「ヨーグリーナ&サントリー天然水」とのコラボになっています。

テレキャスター・ストライプ

この「テレキャスター・ストライプ」はリズム隊のビートがかっこよすぎです。

また、サビのボーカルとギターとの掛け合いや、ギターをクイッと上に上げる仕草がとてもキャッチーですね!

雫さんのにゃんにゃん(?)ポーズがめちゃキュート!

ちなみにポルカの“Polka Dot”とは曲中で雫さんが来ている着物柄のような“水玉模様”のこと。ポルカドットスティングレイは淡水エイの一種の名前です。↓

確かに水玉だけどちょっと怖い、、

インパクトだけでバンド名にしたのだとか。。

人魚

続いては、吐息混じりの歌声が妖艶な雰囲気を醸し出している「人魚」です。

ノリが良いシャッフルビートとポップなギターリフが軽快な曲ですね。

エレクトリック・パブリック

高速ダンスビートが気持ちいい「エレクトリック・パブリック」のMVでは、4人のコスプレ姿が面白いです。

曲によって表情が変わる雫さんの歌唱力が素晴らしいです。

サレンダー

ゴシックな雰囲気の「サレンダー」は、先ほどの「人魚」同様シャッフルビートがノリの良い曲です。

ロカビリーテイストでついつい体が動いてしまいますね。

全体を通してエジハルさんのギタープレイが味わえます。

夜明けのオレンジ

ギターのエフェクトが特徴的な「夜明けのオレンジ」は、ジャジーな雰囲気がどこか懐かしさを感じさせる一曲です。

英語を織り交ぜながらの流れるような歌い方が雫さんらしくユニークですよね。

シンクロニシカ

こちらもイントロのギターリフのカッティングがクセになる「シンクロニシカ」。

MVではメンバーのコスプレが定番化しているのでしょうか、今回は幽霊に扮しています。

ボーカルにギター音がまるでコーラスのように絡み合っていて幻想的な音色に聞こえます。最後のギターの鳴きは聴き入ってしまいますね。

ショート ショート

続いての「ショート ショート」はポップだけど少し切ないメロディの一曲です。

すごくキャッチーなのでとても聴きやすく、クリアな歌声がいつまでも耳に残る歌ですよね!

ちなみにこのメジャー1stアルバム「全知全能」のジャケットアートワークも雫さん本人が手掛けたのだとか。

クリエイティブなタレントの持ち主です。。

パンドラボックス

ビビのアイマスクをした観客が異様な光景のMVのこちらは「パンドラボックス」。

いつもの高速ギターカッティングとダンスビートのノリがポルカ節です。途中のブレイクからの盛り上がりやベースのスラッピングが激シブです。雫さんの攻撃的な歌い方も新鮮でかっこいい。

ポルカのかっこよさがギュッと凝縮された一曲で、即ノックアウトされますね!

ICHIDAIJI

なんともキャッチーなギターリフがディスコ感を感じさせられる「ICHIDAIJI」です。歌のメロディも素晴らしく口ずさみたくなってしまいます。

ギターソロの間奏パートはストレートなハードロックな印象で、歌のポップなメロディとのコントラストが面白いです。

セグウェイに乗ったダサさが魅力的なMVですね。

バナナを食べたくなった方は、当ブログのバナナの選び方記事をご参考にして下さい(笑)

ヒミツ

映画「スマホを落としただけなのに」の主題歌になっている「ヒミツ」は、イントロの怪しげなギターメロディが耳に残ります。

メロウなパートとよゐこ有野のサイコキャラが妙にマッチしてて恐ろしい。。映画のサスペンスホラーな雰囲気ともバッチリな曲ですね!

Sponsored link

まとめ

いかがでしたか?

雫さんの歌唱力やファッション、楽器隊のテクニックなど、どれをとっても間違いない実力と魅力を兼ね備えているバンドだと思います。

それに加え、独自のマーケティングやブランディングを確立していることから、急速に人気が出たのも頷けますよね!

今後もライブやフェス、そしてメジャーでの2ndアルバム「有頂天」のリリースも控えていますので、引き続きポルカの動向から目が離せません!

See you soon!!🐈