【海外留学の持ち物】いらなかったものと本当に役立ったものだけをお教えします

今回は、海外留学の渡航に際し、いらなかったもの、そして本当に役立った持っていくべきものをご紹介していきます。

筆者はフィリピン・セブ島とオーストラリアでの初めての海外留学で、足りないものがないようにと気合いを入れてたくさんのモノを準備して行きました。

しかし、持参したのは良かったけれど全く使用せず、しまいにはかさばりすぎて現地で処分して帰った、という経験があります。準備しただけムダでした。。

僕は約半年の短期間での語学留学でしたが、海外での滞在となると少し不安に感じる方も多いかもしれません。

現地で調達できるモノももちろんありますので、どうせなら準備段階では費用と持ち物は必要最低限にしてシンプルでミニマルな渡航にしたいですよね!

滞在環境にもよりますが、これから海外留学で渡航をお考えの方はぜひご参考にされてみてはいかがでしょうか。

あくまでも実体験による個人の意見ですのでご承知下さい。

きゃちネコ

備えあれば憂いなしだけど備えすぎる必要はないにゃ🐡

海外留学でいらなかったもの

先ずは海外留学で本当にいらなかったものをお伝えします。これらは重くなる上にかさばりますし、短期で渡航される方は不要だと思います。

余分な服

お洒落が好きだし色んな服を持っていこう!と少し気合いを入れましたが、ハッキリ言ってそんなに着る機会ありませんでした。たくさんの服は不要です。

セブもオーストラリアも日本と比較すると1年を通して温暖な気候です。渡航時期にもよりますが、大半の時期でラフな格好を求めたくなります。

丈夫な生地のTシャツやスウェット、ロング丈とショート丈それぞれのパンツがあれば充分だと思いました。

セブではホテル滞在、オーストラリアではシェアハウス・ホームステイを経験しましたが、洗濯頻度はどちらも大体1週間に1、2回です。1週間分の服を持っていけば充分に足りるはずです。

また、現地でもシティや大型ショッピングモールへ行けば洋服ショップが並んでいます。どうしても足りない!という場合は現地調達できますのでご安心を。

ちなみに僕はユニクロGUなどでパックTやアンダーウェア等を購入しましたが、低価格な上に生地がしっかりしているのでかなり重宝しました!

ファストファッションブランドを上手く活用してなるべく安く、お洒落に準備しましょう。

テキスト・ノート

続いては、日本で学習していたテキスト数冊と余分にノートを何冊か。これらは不要です。

紙モノは多くなると荷物がめちゃくちゃ重くなります。しかも語学スクールで授業用にテキストやプリントをもらったりで、案外現地で日本のテキスト開きません。ノートも足りなくなったら現地で買えばいいだけです。

日本のテキストは日本にいるうちにマスターして、基礎固めをしてから語学留学へ渡航することがベストだと思います。その復習として、基本的な文法テキストを1冊ほど持っていけば充分ではないでしょうか。

文法の基礎が学べるおすすめのテキストはこちらの記事をご参考に>>>

【TOEIC初心者300点台から脱出する方法】基礎英語を学べるおすすめ参考書3選!

極論、ネットで検索できますので大丈夫です!

カメラ

せっかくの海外だし、あらゆる場面を写真に残したい!インスタ映えさせたい!とお思いでしたらスマホで充分です。

僕はミラーレスを持っていったのですが、滞在期間に対して使用頻度は少なく、トリップ以外は邪魔になっていたことがしばしば。たまに行く旅行以外はほとんどリュックの中でした。。

普通にスマホカメラのスペックが良すぎるので、観光重視でない限りスマホだけでOKです。写真は渡航を楽しくさせることに間違いありませんからね!

どうしても持参したいカメラ好きな人は、一眼レフだと重くかさばるのでミラーレスがおすすめです。

インスタント食品

よく海外経験で日本食が恋しくなるから、○○のふりかけとか出汁の素とか●●のペースト、インスタントコーヒーが重宝。。だとか耳にしますが、現地で自炊する人以外は全く必要ないです。

むしろせっかく海外へ行くのだから、現地の食文化を受け入れてみるべきだと僕は考えます。

その国の有名料理やソウルフードのお店、お洒落なカフェを探すのもまた1つの楽しみだと思います。美味しかった時の感動やマズかった時のテンションなど、どれも思い出になるはずですよ。

それでもどうしても口に合わない、飽き飽きしたら、海外でも日本食屋さんや日本食のショップはその辺に存在しますので探してみましょう。(美味いかマズいかは別として)

スーパーマーケットでも売っている場所があります。海外でも日本食はとても人気ですしね。

もちろん僕は現地料理を楽しみました!

セブではレチョンパンシットなどのフィリピン料理を。(でもジョリビーが間違いない)

オーストラリアではフィッシュアンドチップスミートパイなどをよく食べていました。(最終的にはドミノピザとナンドスのペリペリチキンばかり)

日本では考えられない、飲んだあとの〆に食べるフィッシュアンドチップスは最高でした!

どちらも魅力的な国ですが、以前の記事【留学行くならオーストラリア?セブ?】英語環境のメリット・デメリットを徹底比較では、オーストラリアとフィリピン・セブ島の環境の良し悪しをご紹介しています。二カ国で迷われていたらご参考までに。

Sponsored link

海外留学で本当に役立った持ち物

ここからは、僕が実際に持っていき、本当に役立ったものをお伝えします。

電子辞書

電子辞書はとても重宝しました。

現地ではとにかく知らない単語は聞いても解らないですし、話すこともできません。

辞書やスマホで検索するのも可能ですが、軽くて電波要らずでどこでも手っ取り早く検索できるのが電子辞書です。

とくにカシオのEx-wordシリーズは英和・英英辞書だけでなく様々なテキストによる学習メニューや広辞苑まで搭載しているので、どこにいても検索・学習が可能です!音声機能での発音練習も助かりました。TOEIC対策のテキストも搭載しているので日本での学習にも重宝しています。

電池式なので予備の電池は必要でした。

日本の文房具

オーストラリア滞在の時にペンや消しゴムなど筆記用具を失くし、しょうがなく現地で購入しましたが、書き心地の悪さにビックリしました。しかも作りもチープな感じ。

確実に日本メーカーの文房具の方がクオリティとコスパに優れているので、普段使い慣れているものを持って行きましょう。

セブ島でのスクールでは、講師の方にお土産として持って行くと非常に喜ばれたりしていました。

上着・羽織るもの

温暖な国とはいえ、その時の気候や時間帯でかなり冷えこむ時があります。

特にフィリピンでは、エアコン付きの乗り物(バスや船)に乗るとキンキンに室内を冷やす傾向があります。

僕はオスロブまでの道中のバス内、カモテス島までの船内は、寒すぎて腹を壊して最悪でした。ここは油断せず温まる1枚羽織れるものを必ず持って行きましょう。

こちらもユニクロやGUなどでしっかりした生地のものが安く手に入りますよね!

室内スリッパ

オーストラリアもセブも室内履きの文化がないと想定し、捨てる前提で持って行きましたが大正解でした。

日本人ならプライベート空間では靴は脱ぎたいもの。でも地べたに足は付けたくないのでやはりスリッパの存在は助かります。

足元の持ち物としては、スニーカー・ビーサン・スリッパの3点セットで快適に過ごせました。

風邪薬・マスク・のど飴

この3点セットは、セブ滞在時に本当に持っていって良かったと思いました。

スクール内やホテル内はエアコンで乾燥していましたし、授業は1日を通してほぼスピーキングだったので喉を痛めることがしょっちゅうでした。周りの生徒も順番に風邪をひいていたので僕の薬やのど飴を分けて喜んでいました。

現地でも売っていますが、副作用がすごく強かったり、やたらと甘かったりしていたようなので、普段日本で使い慣れているものを持って行くのが良いと思います。

ポケットティッシュ・ウエットティッシュ

ポケットタイプのティッシュやウェットティッシュは、ちょっと外に出かけた時に役立ちました。

特に外国での外食時は、料理によっては素手で食べるものがしばしば。

日本と違い、テーブルにおしぼりやナプキンがないことがよくあったので、携帯できるティッシュやウェットティッシュは何かと便利でした。

イヤホン

おそらく持って行かない人の方が少ないかもしれませんが、イヤホンは確実な持ち物です。

移動中などに音楽やラジオを聴くだけではなく、リスニング学習でも使えるので便利です。

更に滞在先がシェアハウスやルームシェアの場合、容易に音を出せないかもしれませんし、逆に周りの音が気になり勉強が捗らないこともあるかもしれません。

ちなみに僕がオーストラリアで滞在していたシェアハウスのオーナーは、超爆音でTVゲームや音楽をかけていたので本当に持って行って助かりました。。

Sponsored link

まとめ

いらなかったもの

  • 余分な服
  • テキスト・ノート
  • カメラ
  • インスタント食品

持っていって良かったもの・必需品

  • 電子辞書
  • 日本の文房具
  • 上着・羽織れるもの
  • 室内スリッパ
  • 風邪薬・マスク・のど飴
  • ポケットティッシュ・ウエットティッシュ
  • イヤホン

持ち物は必要最低限にして身軽な渡航にしましょう。準備のご参考と快適な海外生活につながったら嬉しいです。

See you soon!!🐈