特急あずさ・かいじの座席予約を簡単にする方法【チケットレス申込がおすすめ】

JR中央本線を走り、東京と甲府・松本間を結ぶ特急あずさ・かいじの予約方法はどうされていますか?

2019年3月より新たな着席システムの導入に伴い、自由席が廃止され全車指定席となり料金が統一化されました。

それに関連して、スマホクレジットカードさえあれば座席予約がネットでお得にできるようになりとても便利になったんです。しかも普段お使いのSuicaなどの利用でチケットレスに!

今回はあずさ・かいじの予約が簡単にできるチケットレス申込の方法を画像付きで解説します。

信州への旅行や帰省、出張時に未だにみどりの窓口や券売機に並んで面倒なチケット購入をされている方は必見です。

松本への日帰り旅行なら【蕎麦と桜と松本城】長野県松本市の日帰りぶらりトリップ!の記事がおすすめです。

特急あずさ・かいじの乗車料金と着席方法

特急あずさ・かいじは車両がE353系へと一新され、2019年3月よりダイヤ改正・新着席システムが導入され以前よりも便利で快適な乗車へとなりました。

先ずはその料金と着席方法を確認していきます。

特急券の新料金

以前の普通車では自由席と指定席で特急券のチケット料金が分かれていましたが、全席指定可能になったことにより料金が一律化されています。

【普通車】

移動距離(キロ)50100150200300400
えきねっと
チケットレス
サービス
650円900円1,450円2,100円2,400円2,750円
通常事前料金750円1,000円1,550円2,200円2,500円2,850円

【グリーン車】

えきねっと
チケットレス
サービス
1,160円1,410円2,990円3,640円4,970円6,340円
通常事前料金1,260円1,510円3,090円3,740円5,070円6,440円

上記のように目的地の駅までの移動距離によって料金が決まってきます。えきねっとのチケットレスサービスを利用しての予約だと通常料金よりも100円安くなるのでお得です。

ちなみに普通車の特急券は社内でも購入することができますが、通常料金よりも260円高くなるのでおすすめしません。

えきねっとチケットレスサービスを利用した場合、新宿から主要駅までの特急券料金は下記のようになります。

車両普通車グリーン車
八王子750円1,160円
大月900円1,410円
甲府1,450円2,990円
小淵沢2,100円3,640円
松本2,400円4,970円

上記の特急券の料金と運賃の合計が乗車料金となります。

新しい着席方法とは?

特急券の利用で全席指定可能となりましたが、実は列車・座席を指定しない座席指定券というものもあるんです。

座席未指定券利用だと“空席だったらどこでも着席してOK”といったルールです。但し、途中駅からその席の指定席券が買われていて乗客が来た場合は直ちに移動しなければなりません。また、満席の場合は座れないので注意が必要です。

座りたい席が空席かどうかの確認は、座席の天井部にあるランプの色で判別します。

  • :空席です。着席OK
  • :まもなく指定席発売済の区間となります。移動が必要
  • :指定席発売済の区間です。未指定席券の方は座れない

スケジュールが未確定だったり、短距離での移動だったら座席未指定券でも良いかと思いますが、それ以外だと特にメリットがないので通常の指定席券の購入をおすすめします。

きゃちネコ

グリーン車は完全に全席指定席だから未指定券は無いよ~🐡
Sponsored link

スマホから座席予約する方法

それでは実際に指定席の予約から決済までの流れを見ていきましょう。

先ずはJR東日本が運営するえきねっとへの会員登録をしてから予約申し込みを行います。チケットレスサービスはスマホからのみ申し込みが可能です。スマホクレジットカードを準備しておきましょう。

えきねっとへ会員登録

えきねっと会員登録ページから登録開始です。

「えきねっとの会員登録」をタップする。

利用規約をよく読み同意にチェックをしたら「同意する」をタップする。

①メールアドレス、②確認用で再入力後、③メール送信で登録アドレスに本登録用URL記載のメールが送られます。

本登録ページでID、パスワードの設定とクレジットカードの登録をすれば完了です。

座席指定予約と特急券を買う方法

会員登録が完了したら、続いては実際に予約と決済を行います。スマホからえきねっとのHPへ入りましょう。

えきねっとのトップページ

「チケットレス申込」をタップする。

ログインしていない方は上図の画面へ切り替わるのでパスワード等を入力してログインする。

「あずさ・かいじ・~」をタップする。

①乗車日、②出発時間、③乗車・降車駅を選択したら④「次へ」をタップする。

希望条件に合う列車一覧が出るので選択する。

搭乗する人数を選択したらシートマップで座席を選択する。

◯印が空席なので希望席をタップして選択する。

「-/+1号車」をタップすると列車の号車が選択できる。ちなみに甲府・松本方面だと先頭が12号車、最後尾が1号車。東京方面になるとこれの逆となります。

座席指定が完了したら「決定」をタップする。

乗車日程・列車、人数、座席番号を確認して間違いなければ「以上の内容で申込む」をタップする。(まだ完了ではありません)

上図の最終確認ページで内容を再確認したら注意事項に同意にチェックを入れて「以上の内容で新規購入する」をタップして完了する。

これで座席予約と同時にチケットレスサービスの購入と決済完了です。とても簡単ですよね!

Note
この画面をスクリーンショットなどで必ず保存しておきましょう。内容確認する際に必要となります。

手続き完了後に登録したメールアドレスに購入内容の確認メールが届きますのでこちらも確認しておきましょう。

Sponsored link

あずさ・かいじへの乗り方

きゃちネコ

チケットレスの手続きは無事終わったかにゃ!?次は当日の乗車の流れをチェックしよ~🐡

改札から乗車までの流れ

チケットレス申込が完了したらみどりの窓口や券売機に並ぶ必要はありません。

スマホの中に特急券の代わりとなる予約画面を保存してあるので文字通り特急券は不要となります。

改札へ入場する際は、在来線と同様に普段お使いのSuicaなどの交通系ICカードを改札機にタッチ!そのままホームへ向かい乗車するだけです。

改札から出場する際も、入場と同じくICカードを改札機にかざすだけでOKです。これで運賃の精算は完了。

着席方法

予約した列車の車両、座席番号を探して着席するだけです。

上図の例でいうと12号車10番のD席ですね。

まとめ

いかがでしたか?

ちなみに新幹線でもチケットレスサービスの導入が進んでいます。

東海道・山陽新幹線を利用される方は、新幹線の予約はスマートEXでチケットレス化が超便利!【初めての登録方法と乗り方】の記事でチケットレスサービスの紹介をしていますのでこちらもおすすめです。

以下、今回のポイントまとめです。

  • 普通車の自由席が廃止となり、全席指定可能へ。
  • 料金は距離によって変動する。指定席・未指定席の料金の差はない。
  • スマホからのチケットレス申込でお得でチケット不要の座席予約&決済が超便利!
  • 改札入場は在来線と同じくSuicaなどのICカードをかざすだけでOK。

各特急列車や新幹線のチケットレスサービスが定着してきましたね。この機会に面倒なチケット購入を簡単なスマホ予約で、更にチケットレス化し快適な列車の旅へグレードアップしてみてはいかがでしょうか!

See you soon!!🐈