【RIP Avicii】一生忘れない!アヴィーチーおすすめ名曲集を紹介!

今回はEDM(エレクトロダンスミュージック)界において絶大な影響力を放ったスウェーデン出身のDJ/プロデューサー、Avicii(アヴィーチー)のおすすめの名曲をご紹介します。

ご存知の方もいるかと思いますが、彼は2018年4月20日に28歳という若さで亡くなりました。

これはダンスミュージック界だけではなく音楽業界全体にとって、とても悲しいニュースであり、かけがえのない才能を失ってしまった残念な出来事になりました。

なぜならAviciiが創り出す音楽はEDMという枠にとらわれず、色んな角度からアプローチを試みており、一言では説明できないほど素晴らしい音楽だったからです。

僕もずっと彼のファンで、2016年に行われた最初で最後になってしまった来日ライブに行きました。(以前にも来日のアナウンスが何度かありましたが病気による体調不良で全てキャンセルがあってからのやっとのジャパンツアー)

彼のパフォーマンスに圧倒され、とても感動したことを昨日のように思い出します。

印象的だったのが【客層】でした。EDMのフェスといえばいわゆる【パリピ】っぽい若者が多いイメージですが、Aviciiのライブは老若男女問わず、こんな人が?(失礼ですが)という方もいて、リスナーもジャンル問わずあらゆる層がいるんだなと感じました。これは彼の音楽性と通じているのだと思います。

当時は彼が引退することが決まっていましたがそれから復帰していて、2017年には新曲も発表されていました。

そして実は今回、ニューアルバムを制作中だったとの話もあり期待していました。そんな中での出来事だったので、周りの方や僕たちファンにとってはとても残念な結果です。

追悼の意も込めて、Aviciiの心に残るおすすめの名曲を紹介します!知っている方は改めて、知らなかった方はぜひ彼の世界観を味わってみて下さい。

厳選!Aviciiおすすめ名曲集!

Levels

先ずAviciiといったら「Levels」です。Aviciiを知らない方も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?またはこれで彼を知った方も多いと思います。

サンプリングしているEtta Jamesの「Something’s got a hold on me」は60年代のR&Bヒット曲。“Oh, sometimes I get a good feeling yeah~”の部分はあまりにも有名でつい口ずさみたくなってしまいますね。この曲が出た頃は、日本ではEDMという言葉がまだ浸透する前の時期だったと思います。

また、HIP HOP界でもダンストラックがクロスオーバーし始め、Flo Ridaも同じサンプリングで「Good Feeling」という曲をヒットさせていましたね。

僕はフェス(スプリングルーヴ2012)で、David Guettaがこの曲をプレイしていたのをすごく覚えていて思い出の1曲となっています。

Fade Into Darkness

それまでの感覚で【ダンスミュージック=踊る・盛り上がる】でしかなかったのですが、この「Fade Into Darkness」は何回も聞き入ってしまったのを覚えています。

イントロからループするピアノのリフは美しいながらも中毒性があり、そこからのフックへのグルーヴ感は聞いていてとても心地良いです。MVも幻想的で曲とマッチしていますね。

Hey Brother

“Hey brother~”から始まるイントロは新鮮なのに、アコギの音色がどこかカントリーぽく懐かしい感じがします。

というのもこの男性ボーカルはDan Tyminskiというブルース・カントリーのミュージシャンだそうでトラックとすごくマッチしています!そしてフックの管楽器の音はとても力強く、何かやる気を奮い立たせてくれる勢いを感じます。オールド感をAviciiのダンスミュージックに落とし込み、全く新しいカッコいい曲になっています!

You Make Me

思わずステップを踏みたくなるダンサブルな一曲です。トラックとオールドアメリカンなディスコでのミュージカル風なPVが、とてもマッチしていて面白いですね。

くだけたピアノの音色がすごくファンキーでめちゃくちゃオシャレです。クラブに出かけたくなってしまいます。

Lonely Together

復帰後2017年に発表されたEP「Without You」からの一曲「Lonely Together」。イントロからループする重いシンセ音がカッコいいです。

キュートだけど哀愁漂うRita Oraの歌声とエモーショナルなトラックがマッチしています。今までのAviciiの曲と違う路線で、どちらかというと今風のミディアムテンポのEDMソングに仕上がっていて逆に新鮮です。

Taste The Feeling

続いてはコカ・コーラのCMでもお馴染みだった「Taste The Feeling」です。Conrad Sewellという男性ボーカルを迎えて、万人ウケしそうなとてもキャッチーなAviciiテイストな音になっています。

こちらも心地よいミディアムテンポで体が勝手に動き出しそうです。

Sponsored link

Wake Me Up

この曲も「Hey brother」同様、カントリー風なサウンドをダンスミュージックに落とし込んだ感じの「Wake Me Up」です。とてもキャッチーなメロディで老若男女問わず人気があるのもうなずけます。

ロックバンドIncubusのギターMike Einzigerが楽曲制作に参加しているとのこと。ちなみにPVの女性、綺麗すぎですよね?実はKristina Romanovaというロシア出身のモデルさんらしいです。

Waiting For Love

こちらは大ヒットした2ndアルバム「STORIES」からリード曲にもなっている「Waiting For Love」。

フックのシンセ音がチープでどこか懐かしく80年代っぽい印象でしょうか、ジュークボックスから流れてきそうな世界観があります。あのMartin Garrixも楽曲制作に参加しているようです。

歌はシンガロング必須のキャッチーさがあり、ライブではフックの“Monday left me broken~”から大合唱でした。

You Be Love

こちらは復帰後2017年の「You Be Love」です。Billy Raffoulのソウルフルな歌声とギターのリフがめちゃくちゃカッコいいです。単にダンスミュージックの枠にとらわれていないユニークなトラックになっています。

こういうところが色んなジャンルの人たちを巻き込み、新たな音がまた生まれていくのだと思います。もっともっと新曲を聞きたいところでした。

The Days

アコギとトロピカルなシンセ音と前向きな歌詞がとても爽快です。日々を生き抜く素晴らしさを歌っていて、失敗して落ち込んだ時に聞くと再スタートの後押しをしてくれる、そんな曲ではないでしょうか。

全体的にとてもメロディアスなのでポップス好きの方も聴きやすいですね。

The Nights

父と子の絆をストレートに歌った曲です。「人生を無駄にするな」といった父からのメッセージと、フックでのストリングスの音色が壮大なスケール感を出していてグッときます。この曲を聴くと僕も父のことを思い出し、気が引き締まります。

Back Where I Belong

この「Back Where I Belong」はOtto KnowsがAviciiの引退前に共作で発表した楽曲。この二人、実は幼なじみのようです。来日ライブでは、Otto Knowsも同行していてこの曲を披露していました。

LPという女性ボーカルと、この切ないメロディがすごくマッチしていて、フックの盛り上がりは泣きそうになります。これを聞いた時、「僕たちはいつまでも待ってるよ!」とAviciiに向けて再起を願いましたが、残念ながらそれは叶いませんでした。

I Could Be The One

Nicky Romeroとの共作楽曲。Noonie Baoという女性ボーカルの静寂の中で囁くような歌声が心地よいです。それとは対照的なフックの疾走感は何回聞いても踊らずにはいられません。

“I could be the one to make feel that way~”の部分はライブで大合唱でした。ところでPVがクレイジーすぎますよね。ストレス解消に最高ではないでしょうか。

Dear Boy

最後はこの「Dear Boy」。Aviciiのメロディセンスをシンプルにすごく感じられる曲で僕はとても気に入っています。

爽快感とエモーショナルさが共存していて絶妙な素晴らしいトラックです!元々のAvicii“らしい”一曲かもしれません。どこか冒険に旅立ちたくなるような、そんな曲です。

Sponsored link

まとめ

AviciiならではのアプローチでEDMのひとくくりにはできない、他とは一線を画す楽曲が多い印象だったのではないでしょうか。

中にはこんなのPOPSだ、とディスる方もいますが、踊らせてくれる音楽は全てダンスミュージックだと思っています。そこに色んな要素を詰め込んだからこそ、オリジナルかつジャンルレスで様々なリスナーから愛されたのではないかと僕は考えます。

クラブでも定番・名曲チューンとしてプレイされ続けていて、彼の死を惜しむ声を耳にします。

若干28歳で逝ってしまったのは本当に早くて大変悔やまれますが、Aviciiの音楽は僕たちの心の中でこれからも生き続けます。

これらの楽曲以外にも素晴らしい曲がたくさんあるので、宜しければ下部より探してみて下さい。

未発表の曲を聴ける日を待ち望んでいます。

I’m really sad to hear bad news but I’ll never forget your great songs and performance!!

Your music never die and will be living in our heart forever. RIP.