【これで上がる!ドライブで聴きたい洋楽BGM】おすすめプレイリスト25曲

この記事では、ドライブで聴きたい洋楽BGMとしておすすめプレイリストを25曲紹介します。

特に、ついつい口ずさみたくなるような、誰しも一度は耳にしたことがある往年のポップスから、現代の人気曲までキャッチーなものを集めました。

テンション上げたり、時にはまったりしたりして洋楽BGMで快適なドライブを楽しみましょう!

ドライブで聴きたい洋楽BGM25選

The Jackson 5-I Want You Back

先ずは皆さんご存知の「I Want You Back」から。イントロを聞いただけでウキウキしませんか?

若かりし頃のマイケル・ジャクソンがキュートです。既に貫禄ありますね。

最近では、韓国のグループTWICEがカバーしていて、映画「センセイ君主」の主題歌にもなっています。

Boys Town Gang-Can’t Take My Eyes Off You

“I love you baby~”のフレーズは一度は口ずさんだことがあるのではないでしょうか。

Frankie Valliの1960年代の曲ですが、こちらのディスコ風のバージョンの方がお馴染みですよね。現代でも色んなアーティストに愛されていて、あのLauryn HillもR&Bトラックでカバーしています。下記記事で紹介しています>>>

【R&BクイーンLauryn Hill】必聴!ローリン・ヒルおすすめ名曲を紹介!

Jamiroquai-Canned Heat

日本でも大ヒットしてテレビやラジオでもヘビロテされていた、ロンドン発のアーティスト、Jamiroquaiの「Canned Heat」。

「Virtual Insanity」が一番有名だと思いますが、こちらのダンスナンバーの方が軽快なトラックでドライブBGMにもってこいです。

ジャズファンクやロック、ダンスなどジャンルレスな楽曲が多く楽しいです。Dance!

Owl City&Carly Ray Jepsen-Good Time

続いては、ポップ・ダンスミュージックのアーティストOwl Cityとティーンに人気のCarly Ray Japsenのコラボ曲。

CMタイアップ曲でも使用されていて日本でも有名でしたよね。こういうキャッチーなメロディの4つ打ちビートはシンプルにみんなで盛り上がれます!

Taylor Swift-Shake It Off

こちらも若い方に絶大な人気を誇るTaylor Swift。アップテンポのこのナンバーは日頃のストレスを発散させてくれそうです。

2016年のグラミー賞では最優秀アルバム賞を受賞しており、アイコン的存在でありながら実力派シンガーです。

Sponsored link

Fatboy Slim-Rockafeller Skank

イギリスのDJアーティストのFatboy Slimの代表曲。

様々な楽曲がサンプリングされたブレイクビーツとサーフテイストのギターリフが楽しくて、中毒性が高い一曲です。

クラブ好きもロック好きも関係なしにはしゃげます!

ビッグビートの確立に大きく貢献した往年のアーティストですが、EDC Japan 2017でもプレイして大きい存在感を残していました。ダンスミュージック界に欠かせない存在の1人ですね。

Avril lavigne-Sk8er Boi

2000年初頭にバカ売れしたアルバム「Let Go」より「Sk8er Boi」。

カナダ出身の彼女は若干18歳でこのアルバムでデビューし、全世界でいきなり2,000万枚の大ヒットを飛ばしました。病気のため、一時期長期休養をとっていましたが、現在は復帰して新曲も出しています。

同じ世代だったこともあり、僕にとって青春の一曲です。

Maroon 5-Never Gonna Leave This Bed

続いては、LAバンドのMaroon 5で「Never Gonna Leave This Bed」。ボーカルのアダムは、ブラックミュージックやソウルミュージックなどにも影響されており、バンドの音楽性に影響していると感じます。

PVで一緒に寝ている女性はアダムの当時の本物の彼女らしいです。ベッドごと移動できるなんて羨ましい。

少し切ないメロディと美しい声が心地良いですね。

マルーン5が気になったらこちらの特集記事もぜひチェックしてみて下さい!>>>

【ついにマルーン5来日決定】チケット即売り切れのMaroon5おすすめ曲をご紹介!

Katy Perry-California Gurls ft. Snoop Dogg

“世界で最も美しい女性1位”にも選ばれたことがあるKaty Perryの一曲です。ゲストには泣く子も黙るSnoop Doggがフィーチャーされています。

ポップ色強めですが、ダンスビートとファンクな音、スヌープのまったりラップが相まって、タイトル通りカリフォルニア感を出していてドライブのBGMにめちゃくちゃピッタリです。

しかし何度見てもこの衣装の破壊力は凄まじいですね。

Diana Ross-I’m Coming Out

1980年代の往年のヒット曲。ラヴソングかと思っていましたが、カミングアウトして自分を解放するといった同性愛を捧げる歌詞内容でした。

先ほどのケイティの曲と似たファンキーな雰囲気のトラック。この曲はNotorious B.I.G.Ariana Grandeなどの、いくつかの楽曲にもサンプリングされています。

Bruno Mars-24K Magic

2018年のグラミー賞を総ナメにしたBruno Marsから「24K Magic」。ゆったりとしたオールドファンクのようなトラックがドライブにピッタリですよね。

自身の作品はもちろんですが、客演している楽曲も片っ端からヒットを飛ばしていて、今や音楽シーンに欠かせない重要アーティストです。

Gwen Stefani-Hollaback Girl

USロックバンド、No Doubtのボーカル、Gwen Stefaniのソロ楽曲「Hollaback Girl」。

PVの冒頭では「スーパー可愛い~」と言って写真を撮っていますが、彼女は大の日本好きとしても知られていて、歌詞やアルバムのアートワークからもその情熱が感じられます。

プロデューサーにはファレルを迎えており、マーチングバンドを連想させるような独特なトラックに仕上がっていてクールです!テンション上がります!

Ariana Grande-Problem ft. Iggy Azalea

今や次世代の歌姫として大人気のAriana Grandeの人気曲。

ファンキーで太いベーストラックとIggy Azaleaのラップがカッコいいです。

ミュージカルやドラマでも主演を務めたこともある、マルチな才能を持っているアリアナの透き通るハイトーンボイスは印象的です。

Ed Sheeran-Galway Girl

続いては、Ed Sheeranの最近の曲「Galway Girl」。Galrwayとはアイルランド西部の都市名。

歌詞にもある通り、アイルランドの女性に恋に落ちてしまうというストーリー。フォークソングとアイルランド民謡で使われる楽器の組み合わせで、新鮮な楽曲になっています。

Justin Bieber-Baby ft. Ludacris

現在のJustin Bieberからは想像できないあどけなさが残る2010年のデビュー曲。皆さんご存知の「Baby」。

今とはまた違う、クリアなハイトーンボイスでとてもキャッチーですよね。“Baby×3 Oh~”は口ずさんでしまいます。

Sean Kingston-Beautiful Girls

続いては、2007年にリリースされ大ヒットしたSean Kingstonの「Beautiful Girls」。

アメリカ生まれジャマイカ育ちの彼は、レゲエアーティストのBuju Bantonの親戚にあたります。

Benjamin Earl Kingの「Stand By Me」のサンプリングトラックに乗せて、レゲエのバックボーンを持つ彼が歌いあげるこの曲は、お洒落で心地良いですよね。

Sponsored link

The Cardigans-Lovefool

The Cardigansはスウェーデン発のロックバンド。

オールド感漂うポップなこの「Love Fool」は、1990年代にレオナルド・ディカプリオ主演の映画「ロミオ+ジュリエット」で劇中歌で使われており世界的に大ヒットしました。

甘いメロディですが、ミディアムのダンスビートが軽快です。

Daft Punk-Get Lucky

続いては、懐かしいディスコミュージックと現代のエレクトロが融合したようなダンサブルな一曲「Get Lucky」。

ボーカルにはPharrell Williams、ギターにはNile Rodgersを迎えています。

Daft Punkのセンスが感じられるシブい大人な雰囲気のダンスナンバーです!

Magic!-Rude

後半からまったり。カナダ発のMagic!はレゲエを基調としたロックバンドです。

この「Rude」はウェディングソングですが、歌詞はというと、結婚を婚約相手の父に反対され「なんでそんな意地悪な態度をとるんだ?俺は彼女を愛しているんだ」といったメッセージがあり少し面白い内容です。

ラヴァーズロックのサウンドは、メロウで海沿いのまったりドライブにピッタリですよ!

Simple Plan-Summer Paradise ft. Sean Paul

こちらもレゲエライクな裏打ちサウンドが心地良いです。Sean Paulを迎えた「Summer Paradise」は先ほど同様、海沿いやサンセットドライブにハマるエモーショナルなメロディですよ。

日本ではワンオクのTAKAをフィーチャーしたバージョンもあり人気がありました。

サンセットビーチを眺めながらのドライブBGMに合いそうですよね。

Travie McCoy-Billionaire ft. Bruno Mars

ヒップホップバンド、Gym Class HeroesでMCとして活躍するTravie McCoyのソロ作品「Billionaire」。

Bruno Marsが歌い上げるフックのメロディが美しいですね。

ちなみにTravie McCoyはKaty Parryと交際していた時期があったとか。

The Black Eyed Peas-Don’t Lie

皆さんご存知、Black Eyed Peasから「Don’t Lie」です。

アコギの音色が爽やかな雰囲気を醸し出していますね!Fergieの力強い歌声がグッと心に染みます。

現在はファーギーはBEPとして活動を共にしていませんが、また4人での姿を見てみたいものです。

Mariah Carey-I’ll Be Lovin’ U Long Time ft. T.I.

続いては世界の歌姫、Mariah Carryの甘ーいラブソング「I’ll Be Lovin’ U Long Time」。

やっぱりマライアのパワフルな声量と、7オクターブの音域を持っていると言われているハイトーンな歌声は気持ちよく聞けますね。メロウなトラックとT.I.の硬派なラップがバランス良く感じます。

Sixpence None The Richer-Kiss Me

帰宅時には、USバンド、Sixpence None The Richerの「Kiss Me」の心地よいメロディで癒されながら。

1990年後半にリリースされたこの曲は、映画やテレビで使われ、世界中の人々に知られています。

ロックキッズの間では、メロコアバンド、New Found Gloryがカバーしたことでも有名です。

Oasis-Don’t Look Back In Anger

最後はモンスターバンド、Oasisの「Don’t Look Back In Anger」を歌いながら明日へ備えましょう。

20年以上経った今もなお、名曲としてテレビやラジオでかかっています。

近年では2017年にUKマンチェスターで起きたテロ事件にて、地元の人々が再起を誓いこの歌をアンセムとして大合唱していたことが記憶に新しいですよね。

まとめ

いかがでしたか?

ドライブ中盛り上がるのは良いですが、くれぐれも安全運転を心がけましょう!

See you soon!!🐈