初心者でも仕事で使えるExcelショートカットキー集!【小ワザで時短】

この記事では、初心者の方でも仕事で使えるExcelのショートカットキーを紹介します。

Excelを使ってデータをまとめる時、できれば時間をかけたくありません。普段PCでの作業に慣れていない初心者の方は、簡単な基本ショートカットキーを知っているだけで作業時間と手間がグッと省けるので時短につながります。

ショートカットキーはいくつかありますが、その中でも頻繁によく使う簡単なキーを厳選したので使用してみて下さい。小ワザを習得すると時短だけでなく、作業自体が少し楽しくなるかもしれませんよ!

初心者でも使えるExcelショートカットキー集!

【CTRL】+ ~

ここではCTRL(コントロール)キーと+αで動作が可能なキーを紹介します。基本中の基本です。

コピー:【CTRL】+【C】

セルを全体、もしくはセル内の値をドラッグしてコピーできます。

切り取り:【CTRL】+【X】

セルを全体、もしくはセル内の値をドラッグして切り取ることができます。

ペースト:【CTRL】+【V】

コピー・切り取りしたものを貼り付けられます。

上段セルの値をコピペ:【CTRL】+【D】

上段セルを続けて下段セルにコピペしたい場合に使用できます。

A2の値がA3へコピペされる

左セルの値をコピペ:【CTRL】+【R】

左側のセルを続けて右側セルにコピペしたい時に使用できます。

A2の値がB2へコピペされる

戻る:【CTRL 】+【Z】

ひとつ前の状態へ戻ります。入力ミスをした時に便利です。

進む:【CTRL】+【Y】

前の状態に戻ったけどやっぱり進みたいという時に使用します。

セルの書式設定を呼び出す:【CTRL】+【1】

「セルの書式設定」を一発で呼び出せます。

太字にする:【CTRL】+【2】

セル全体、もしくはセル内の値をドラッグして太字にできます。

斜体にする:【CTRL 】+【3】

セル全体、もしくはセル内の値をドラッグして斜体にできます。

下線を引く:【CTRL】+【4】

セル全体、もしくはセル内の値をドラッグして下線を引けます。

取り消し線を引く:【CTRL】+【5】

セル全体、もしくはセル内の値をドラッグして取り消し線を引けます。

行を隠す:【CTRL】+【9】

隠したい行のセルでキーを押すと一発で隠せます。

行3~6のセルを選択してキーを押し、隠した状態

列を隠す:【CTRL】+【0】

隠したい列のセルでキーを押すと一発で隠せます。

列B~Dのセルを選択してキーを押し、隠した状態

検索/置換:【CTRL】+【F】

「検索と置換」を一発で呼び出せます。

ハイパーリンクの挿入:【CTRL】+【K】

「ハイパーリンクの挿入」を一発で飛び出せます。リンクさせたいセルで入力しましょう。

全てを選択する:【CTRL】+【A】

全てのセルを選択したい時に使えます。

Sponsored link

今日の日付を一発入力:【CTRL】+【;】

現在の日付を一発で入力できます。(ひらがな“れ”のキー)

現在時刻を一発入力:【CTRL】+【:】

現在時刻を一発で入力できます。(ひらがな“け”のキー)

シートを切り替える:【CTRL】+【PAGE UP】or【PAGE DOWN】

ファイル内にシートが複数ある場合に一瞬で切り替えることができて便利です。

新規文書:【CTRL】+【N】

新規のファイルを作成できます。

印刷:【CTRL】+【P】

印刷画面に切り替えられます。

上書き保存:【CTRL】+【S】

上書き保存されます。保存方法など選択を聞かれないので注意して下さい。

 

きゃちネコ

CTRL+αは作業効率にかなり貢献してくれるはずだから覚えておこうにゃ~🐡

その他

ここではCTRL以外やキー単体での動作を紹介します。ぜひ試してみて下さい。

右のセルに移動:【TAB】

入力を終えて、右のセルに移動したい時に便利です。ENTERキーの代わりに使えます。

左のセルに移動:【SHIFT】+【TAB】

入力を終えて、左のセルに移動したい時に便利です。ENTERキーの代わりに使えます。

半角スペース:【SHIFT】+【スペース】

IMEがオンで入力時(かな入力時)に、半角スペースを使いたい時に便利です。

コメントの挿入:【SHIFT】+【F2】

コメントを入れたいセルでコメントを入力できます。

関数の挿入:【SHIFT】+【F3】

「関数の挿入」を一発で呼び出せます。関数を入れたいセルで入力しましょう。

シートの最上部へ戻る:【SHIFT】+【F4】

シートの下部から最上部へ戻りたい時、一発で戻ることができます。スクロールする必要がありませんので楽です。

同じ列の既存の値を選ぶ:【ALT】+【↓】

同列の既存の値を呼び出すことができます。入力したいセルより上段のセルのみです。

E7にE2~6の値を呼び出した状態

開いているファイルやアプリケーションを閉じる:【ALT】+【F4】

マウスを使わず終了できるので案外楽です。PCの電源を切る時にも使えます。

名前を付けて保存:【F12】

1つのキーで名前を付けて保存ができます。

「表示」を呼び出す:【Windowsキー】+【P】

これはExcelとは関係ありませんが、プレゼンや研修会などでスクリーンを使う時や、モニターを複数使う時などに使う画面表示設定のショートカットキーです。意外に役立ちます。

まとめ

いかがでしたか?

ショートカットキーを使うと、キーボードとマウス間の手の移動時間が省けることに気付くはずです。

Excelではキーボード入力がメインになることが多いので、この動きを省くことでかなりの作業効率化につながります。

最初は慣れないかもしれませんが、繰り返し使用すればすぐに覚えられます。マスターすれば指先で勝手に動くようになるので“PC使えてます感”出せますよ。

時短で余った時間を有効活用しましょう!

See you soon!!🐈