【Excel初心者向け】この手順で条件付き書式の自動色分けを使いこなせます!

この記事では、Excel操作の「条件付き書式」を活用してセルを自動で色分け・色付けさせる手順を初心者の方向けに解説します。

リストやスケジュール表を作成する時に、特定の数値曜日が色分けできて区別できたら便利ですよね!そんな時に、Excelの条件付き書式を使って、条件を設定すれば簡単に実行でき時短させることができます。

手順さえ覚えてしまえば、操作自体は全く難しくないので初心者の方もぜひ試してみて下さい!

条件付き書式でセルを自動色分けする

今回は基本的な、数値の条件指定をし、そのセルに色を付ける方法と、曜日別で色を付ける方法を解説します。

数値で色分け・色付け

リストのサンプルを使って見ていきましょう。下図は6ヶ月間の売上実績表です。ここでの条件を、

【1,000より大きい数値のセルを緑色】

【600以下の数値のセルを赤色】

で設定してみます。

 

①指定したいセルをドラッグして囲む。

【条件付き書式】をクリックする。

【セルの強調表示ルール】を選択する。

【指定の値より大きい】をクリックする。

 

①値を指定する。ここでは「1,000」と入力する。

②書式を選択する。ここでは「濃い緑の文字、緑の背景」を選択する。

【OK】をクリックする。

これで指定範囲内の1,000より大きい数地(1,000は含まない)のセルの背景・文字色が変わりました。


①再度指定したいセルをドラッグして囲む。

【条件付き書式】をクリックする。

【セルの強調表示ルール】を選択する。

【その他のルール】をクリックする。

 

【指定の値を含むセルだけを書式設定】をクリックする。

②書式の条件を設定する。ここでは「セルの値」を選択する。

③「次の値以下」を選択する。

④指定したい値を入力する。ここでは「600」と入力する。

【書式】をクリックして書式設定する。ここでは背景色を赤に選択する。

【OK】をクリックする。

これで指定範囲内の600以下の数値(600含む)のセルの背景色が変わりました。

 

完成です!

きゃちネコ

指定条件の数値が強調されて見やすくなったにゃ!これ以外にも数値の範囲や順位指定なども設定できるから色々試してみにゃ🐡
Sponsored link

曜日で色分け・色付け

次はスケジュール表などで、土・日曜日のみセルの色を変えたい場合の設定方法を見ていきます。

土曜を青日曜を赤で設定してみましょう。

 

①表の色を変えたいセル範囲をドラッグして囲む。

【条件付き書式】をクリックする。

【新しいルール】をクリックする。

 

【数式を使用して、書式設定するセルを決定】を選択する。

②ルールの内容に関数を入力する。

【=WEEKDAY($A3)=7】※「A3」には起点となる日付のセルを入れる。「7」は土曜を表します。

【書式】をクリックして書式設定する。ここでは背景色を青色にする。

【OK】をクリックする。

土曜日のセルのみ青くなったことを確認しましょう。

きゃちネコ

WEEKDAY関数は日曜~土曜を【1~7】の値で返すんだにゃ🐡

続いて、日曜日の設定です。同じくセル範囲を指定して【新しいルール】をクリックする。

【数式を使用して、書式設定するセルを決定】をクリックする。

②ルールの内容に関数を入力する。

【=WEEKDAY($A3)=1】※「A3」は起点となる日付のセルを入れる。「1」は日曜を表します。

【書式】をクリックして書式設定する。ここでは背景色を赤色にする。

【OK】をクリックする。

 

完成です!土日のみ色が変わりました。書式設定で図のように文字色も変えたりすることもできるので、色々試してみて下さい。

まとめ

このような簡単な設定をすることで、強調させたい部分を自動で変更してくれるので視覚的にも時間的にも改善につながります。

これがルーティンワークだったらなおさら効果大になるはずです。

Excelでは設定を覚えて一度フォーマットを作ってしまえば、かなりの時短を図れることができます。時短した分、本来時間をかけるべきポイントにフォーカスさせることができますね。

いつものリストを一工夫して簡単に、見やすくしてみてはいかがでしょうか。

See you sonn!!🐈