【県外への引っ越し準備】この手順で単身でもスムーズに!転居時のやることリスト

他県への引っ越し・転勤が決まった!だけど何から準備したらいいの?と困った経験はありませんか?

ほとんどの方が、頻繁に引っ越しをするわけではないため、その準備の方法が分からず不安で面倒だと感じますよね。

この記事では、初めての方でもスムーズに段取りを組めるよう、県外(他の都道府県)への引っ越し準備に関わる転居時のやることリストをご紹介します。

初めて他の都道府県に引っ越す方はぜひ参考にして頂き、スケジューリングしてみて下さい。

要チェック!引っ越しやることリスト

転職や転勤などでの引っ越しは時間があまりないことが多く、少し負担が重いと思います。

筆者も転職に伴い、短期間で県外へ引っ越した経験がありますが、物件探しから転入手続きまで全て自分で行うのは初めてだったため苦戦しました。。

しっかり計画立てて手順を踏んで行うことが重要です。

必須の確認項目がいくつかありますので、実際に順を追って確認していきましょう。

①新転居先へ向けての準備

先ずは新居の物件探しから開始です!

物件探し

引っ越すことが決まったら、直ぐに物件探し開始です。先ずは情報を集めましょう。

希望条件を定めてピックアップし、妥協ポイントがあったら切り捨てていくことが良いと思います。

気になる条件としては、、、

  • コスト(家賃、敷金・礼金、共益費、保険代など)
  • 間取り(生活するのに充分なスペースが確保されているか)
  • ロケーション(駅近、お店、病院)
  • 通勤(会社からの距離、手段)

などなど。特に電車通勤の方は、乗り換えが楽な路線を利用できて駅近の物件が理想ですよね!

物件は生モノとよく言われます。

良いと思った物件は、他の人も同じく注目しています。明日には申し込まれていることもあるので、すぐさま不動産屋にアポを取って内見させてもらいましょう。

きゃちネコ

遠方へ引っ越す方は、何件かまとめて内見スケジュールを組んだ方が効率的だにゃ!

今は物件探しアプリが充実しているので、条件設定や不動産屋への連絡など簡単に行えます。

お気に入りの物件がすぐに見つかりますよ!ちなみに僕はSUUMOアプリを使って4日間で内見~契約まで行えました。

お部屋探しはSUUMO(スーモ)不動産検索アプリ

お部屋探しはSUUMO(スーモ)不動産検索アプリ
開発元:Recruit Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

引っ越し業者の見積・選定

物件の申し込みが済んだら引っ越し業者も同時に確定させましょう。

時期によっては混み合っていてスケジュールが取れないケースもあるので、物件探しと平行して引っ越し費用の見積依頼をしておいた方が良いと思います。

見積もりをいくつもの引越し業者へ依頼するのはかなり手間になるので、無料で一括見積もりできるサービスを利用すると楽です。サカイやアート引越センターなどの大手業者から、地域密着型の業者まで簡易的に見積もりしてもらえるので便利です。

LIFULLの一括見積もりなら全国にある100社以上の引っ越し業者から料金を比較できるので手軽に選定できます。

おトクで賢い引越し選び!

距離にもよりますが、単身ですと6〜8万円ほど見ておけば大丈夫でしょう。

②物件が決まったら引っ越し準備

さあ、物件契約が済んだら本格的に引っ越しの準備です!

旧アパートの転居連絡

今住んでいるアパートの管理人へ退去する連絡をしましょう。

家賃前払いの場合、タイミングによっては引っ越しが確定したのに、残りの1ヶ月分家賃を支払わなければならないケースもあります。契約内容によって様々なので、旧アパートの契約書や管理人に早めに確認をとった方が良いと思います。

荷造りスタート

ダンボールは引っ越し業者から入手することができますが、費用を抑えたい場合は近くのスーパーやホームセンターなどからもらってくるのが良いでしょう。

転出届

今住んでいる町から転出する場合、転出当日までに役所で転出届を出す必要があります。

国民保険に加入している方は保険証の返却が必要なので、事前に必要なものを確認しておきましょう。

2週間前からでも手続き可能なので余裕をもって対応されることをおすすめします。

生活インフラ関連解約手続き(電気・水道・ガス・NHKなど)

水道光熱費やNHKなど、毎月利用しているものを解約、もしくは住所変更連絡をしておきましょう。

ケータイキャリアやプロバイダ、カード会社などへも個人情報の変更を忘れずに。

生活インフラ関連申し込み

上記で解約しましたので、次に新居で利用する業者へ連絡しておきましょう。

利用開始日、支払方法を確認されますので検討しておきます。

郵便転居・転送届

忘れがちなのが郵便局への転居届です。

ちゃんと届け出ると、引っ越し後に旧住所宛へ郵便物が届いても新住所へ転送してくれます。

インターネットからいつでも申し込める「e転居」サービスもあるので便利です。

転送開始日は指定できるので、こちらも早めに手続きしておきましょう。

車の売却

現在マイカーを所有している方は、転居先で継続して使用するのか考えておきましょう。

特に地方から都市へ引っ越す場合に車を持って行くと、駐車代が高くなる場合が多いです。1万円以上/月なんてざらです。

そのため、使用頻度・費用対効果をよく考えて不要であれば早めに売却を行う必要があります。

少しでも簡単に高く売りたいので、先ずはネットでの中古車相場チェックと無料の査定サービスを使うのが手っ取り早いです。

特に「ユーカーパック」の査定サービスは、1度査定を行うだけで最大5,000社が公開入札を行うため、簡単に本当の最高価格での売却が可能なのでおすすめです。下記のリンクから簡単に査定申込できます。

ユーカーパックで安心査定

Point!

・一括査定はもう古い

・営業電話が来ない

・個人情報が流れない

・査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ

車種やコンディションによりますが、おおよそ市場相場の半額以上で売却できれば良いのではないでしょうか。

Sponsored link

③引っ越し後にやること

転居後に行う手続きです。必要書類があるので、持ち物の事前確認を忘れずに!

転入届・印鑑登録

転居先での役所に行き、転入届印鑑登録を行いましょう。

引っ越し前に入手した転出証明書や本人確認書類、印鑑が必要となるので、事前に確認して忘れ物がないように出向きましょう。マイナンバーカード(又は通知カード)の提示もお忘れなく。

また、就職や転職の際は会社に住民票を提出する必要があるので、同時に入手できるように確認しておきましょう。

免許証書き換え

免許証をお持ちの方は、新住所の管轄の警察署か免許センターに行き、住所更新を行っておきましょう。

更新しておけば、本人確認書類として使用できますし、免許更新のお知らせも新住所へちゃんと届きます。

銀行口座開設

地方銀行しか口座を持っていなかった方は新たに口座開設した方が利便性が高いかと思います。

メガバンクはATMがそこら中にありますし、ネットサービスも充実しているのでよく比較して決めましょう。

新規口座開設を行ったら、クレジットカードなどの引落し口座の見直しも必要ですよね。

その他(車ナンバープレート変更・各アカウント住所変更など)

マイカーも転居先へ持っていく際は、手続きが必要です。

  • 車検証・ナンバープレートの変更
  • 車庫証明の変更
  • 自動車任意保険の変更

上記の手続きは引っ越し後に早急に行う必要があります。

必要書類を準備しておく必要があるので、管轄内の警察署、陸運局を調べて確認しましょう。

保険会社へは手元の任意保険証を見ながら問い合わせしておきましょう。

また、普段利用しているネットサービスで、アカウント情報の変更なんかは以外と忘れがちです。ネットショッピングする際にハッと思い出します。ひと段落したらアカウント情報の変更も行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?最後に内容をまとめておきます。

  • 物件探し
  • 引っ越し業者の見積・選定
  • 旧アパートの転居連絡
  • 荷造りスタート
  • 転出届
  • 生活インフラ関連解約手続き
  • 生活インフラ関連申込(新居)
  • 郵便転居・転送届
  • (車の売却)
  • 転入届・印鑑登録
  • 免許証書き換え
  • 銀行口座開設
  • 自動車のナンバー変更
  • 各アカウント情報変更

やることがたくさんありますので、時間と労力が必要となってきます。

少ない時間の中でスムーズに引っ越しを済ませるためにも、これらのチェック項目を事前に確認しておいてスケジューリングすることが大切です。

とにかく先手を打って、余裕をもって行えば失敗しないはずです!充実したNewライフを!

See you soon!!🐈