【サポートラインとレジスタンスラインの引き方】株やFXのテクニカル初心者向け解説

この記事では、チャートでのテクニカル分析の基本であるサポートラインとレジスタンスライン、そしてトレンドラインの引き方・見方を初心者の方向けに分かりやすく解説していきます。

これらのラインはFX(為替)仮想通貨など、様々な商品のトレーディングにおいて、チャート上ですごく意識されるものです。

ライン1本で現在のトレンドが把握できたり、またはラインを超えるか超えないかでそろそろトレンドが反転するのか?とシグナルの目安となったり、売買エントリーの判断材料の1つとなります。

以前ご紹介したテクニカル分析の記事、ダウ理論?エリオット波動?フォボナッチ数?【初心者向け!テクニカル分析のやさしい解説】と合わせて知識を付けておくことで、より精度の高いトレードを可能にする確率が上がります。

また、本記事はローソク足チャートを使っての解説なので、ローソク足の見方が不明な方は下記の記事をご参考に>>>

【初心者向け】ローソク足の見方をイラスト付で解説!チャート分析の基本

これから投資や投機トレードをお考えの方は確実に押さえておくことをおすすめします!

サポートとレジスタンスラインの引き方・見方とは?

サポートライン(支持線)の引き方

先ずはサポートライン(支持線)を見ていきましょう。下図をご覧下さい。

安値を水平線で結びA線を引いてみました。矢印のライン付近で何度か上昇方向へ跳ね返っているのが見て捉えられます。

つまり、この線の価格帯が強く意識されていてサポート(支持)されており、買いが強くなり価格が上昇していると考えられます。そのため、このチャートではA線がサポートラインになり、価格は上昇していきました。

逆にこのサポートラインを明確にブレイクした(割った)時、下降トレンドの転換が発生することも考えられます。

レジスタンスライン(抵抗線)の引き方

続いてはレジスタンスライン(抵抗線)です。下図をご覧下さい。

サポートラインとは反対に、高値を水平線で結びB線を引いてみます。矢印のライン付近で下降方向へ跳ね返されているのが分かります。

つまり、この線の価格帯が強く意識され、レジスタンス(抵抗)となっているのが明確で、売りが強くなっていることが考えられます。ここから下落していきました。これがレジスタンスラインです。

逆にこのレジスタンスラインをブレイクした時には、上昇トレンド転換のサインとして多く買われる場合があります。

レジサポラインはトレンドと共に転換する

ラインのブレイク後はトレンド転換の可能性があると述べましたが、特にレジサポの役割が反転した時、その可能性が明確になります。下図をご覧下さい。

上図のチャートでは、左側でA線がレジスタンスB線がサポートとなっています。

レジスタンスのブレイクにより青矢印のように一気に上昇していきました。その後、天井となり、下降していき今までレジスタンスだったA線で一度反発しサポートの役目をしています。

しかし、上昇は続かずにレジスタンスだったA線、サポートだったB線を黄矢印で一気にブレイクし下落しました。

その後は、今までサポートラインだったB線がレジスタンスラインへ転換し、上昇する度に跳ね返されているのが分かります。

最終的には、右側の青矢印のようにレジスタンスラインをブレイクして一気に上昇しトレンド転換していきました。

トレンド転換により、今までサポートラインだったものがレジスタンスラインとして強く意識されています。逆もまた然りです。

このように、過去に意識されていたレジサポラインは、トレンド転換の度に反対の役割を果たし、意識され売買されやすいです。そのため、ラインを引く際は、チャートを遡ってどこが意識されていたかをよく見ておくことが大切だと考えます。

なぜこのような現象が起きるかというと、サポートラインの値やそれ以上の値で買いを入れて利確せず同値まで落ちてしまった時、大体のトレーダーは同値撤退または損切してポジションを閉じます。ということは売りが一斉に入りますよね?

それと同時にサポートラインを超えてきたところでここから落ちるぞ!と、新規で空売り注文も入り、下降が急加速してブレイクしていくのです。

上昇時はこれの反対の原理です。

このような仕組みで自然と意識されるポイントが発生し、その点をつなげることでサポート・レジスタンラインを引けるようになります。チャートって奥が深くて面白いですよね!

Sponsored link

トレンドラインの引き方

トレンドラインは、上昇/下降トレンド開始後の安値/高値を結んで作る線です。それぞれのトレンドチャートで見ていきましょう。

上昇トレンドライン

上昇トレンド時はローソク足の安値と安値を結んで右肩上がりの線を引きます。下図をご覧下さい。

A線のように安値を結んで引いてみると、トレンドラインに沿って右肩上がりに上昇していることが分かります。

サポートライン同様、上昇トレンドラインが意識され、買いが強くなっていることが考えられます。逆にラインを大きくブレイクした時には下降トレンドへ転換するサインにもなります。

下降トレンドライン

下降トレンド時は上昇時とは反対に、高値と高値を結んで右肩下がりの線を引きます。下図をご覧下さい。

上のチャートでは下落後に、B線のように高値を結んでトレンドラインを引いています。トレンドラインに沿って右肩下がりに下落していますね。

レジスタンスライン同様、下降トレンドラインが強く意識され売りが強くなっていることが考えられます。逆にラインを大きくブレイクした時に、上昇トレンドへの転換サインとして捉えることもできます。

ちなみにラインを結ぶポイントはローソク足のヒゲ部でも実体部でも構いません。明確なルールはないので、チャートを遡り、結んでピッタリくる方でOKです。

そして、トレンドラインもサポレジ同様、ラインブレイク後にサポレジの役割が反転する場合が多いのでチェックしてみて下さい。

まとめ

  • サポートラインがレジスタンスラインに転換した時、トレンド転換する可能性有り。逆もまた然り。
  • トレンドラインは上昇/下降で引くポイントが異なる。
  • サポートライン同様、トレンドラインをブレイクした時、トレンド転換を考える。
  • 跳ね返りポイントが多いラインほど強く意識されている。

ざっくり上記のポイントを理解してラインを引いてみると、意識されている価格帯が見えてくるはずです。

そこからトレンドの現在地・目標とする価格を見極め、ポジションを持つことが効率的なトレードに繋がると考えます。

See you soon!!🐈