【円安・円高どっちがお得?】超入門!外国為替の基本をイラスト付きで解説

この記事では、超入門として外国為替の基本をイラスト付きで、初めての方でも簡単にイメージできるようシンプルに解説していきます。

為替を理解すると経済の動きが少しずつ読めてくると思いますので、知ってて損はしません。

身近な生活に関わっていることから、学生の方なども基本だけでもしっかり押さえておくことをおすすめします。

超入門!為替の仕組みを知ろう

為替って何?

為替と聞くとなんとなく【円安とかドル高】という単語をイメージする方が多いと思います。

そもそも「為替」とは、簡単に言うと決済手段の一種で、はるか昔江戸時代にも行われていたそうです。

電通手段がない時代、遠方との取引を行った場合、モノを仕入れた時に相手側へ直接金銭を送るのは紛失や盗難のリスクがありました。

そこで仕入れ側は両替所へ行って現金を支払い、支払証書を発行してもらい、それを相手側に渡します。

相手は指定の両替所に行って証書を渡す代わりに金銭を受け取ります。つまり、金銭を直接移動することなく売買取引することを為替と言います。小切手や手形もそれにあたりますね。

例)遠方の忍者から牛一頭を購入した場合:両替所で購入代金を支払い、証書を忍者へ送る。忍者はその証書を指定の両替所へ提出し、金銭を受け取る。

現在ではITが発達して、ネットバンク、クレジットカード、支払アプリなど様々な決済方法がありますね。これらは為替が進化したものだと考えられます。

外国為替とは?

それでは外国為替とは何か。

例えば、外国からモノを仕入れたとします。お金を支払う時、直接お金を相手に渡せません。

理由は、遠方である、そして通貨が異なるからです。なので通貨を交換して相手側へ送金してもらう必要があります。そこで銀行間の決済システムで間接的に決済してもらいます。

これが外国為替の仕組みです。ざっくり言うと、異なる通貨の2国間の取引です。

通貨が違うので決済の時に通貨を円⇔米ドルのように交換する必要があるのですが、この時の交換レート(比率)によって双方の通貨の金額が決まってきます。

このレートこそ、外国為替相場であり、よく耳にする円安・円高という言葉とリンクしてきます。

Note
ちなみに外国為替を英語で言うと「Foregin Exchange」です。よく「FX取引」と耳にすると思いますが、FXとはこの略なんですね。
Sponsored link

円安・円高はどっちがお得?

では、通貨の交換レートによって金額が変動する時の例を分かり易く考えてみましょう。

① 4月1日にアメリカから1匹=1ドルのマグロを仕入れました。この時のドル円相場は1ドル=100円だったため、100円でマグロ1匹仕入れられたことになります。

② 4月5日にマグロを1匹仕入れました。ドル円相場は1ドル=110円に変動していいたため、110円で仕入れたことになります。

③ 4月10日にマグロを1匹仕入れました。ドル円相場は1ドル=90円に変動していたため、90円で仕入れたことになります。

①を基準として考えた時、

②は10円高くなった。以前は100円で買えたものが、110円出さないと買えない。つまり円の価値が下がって、ドルの価値が上がった。円安(ドル高)

③は10円安くなった。以前は100円で買ったものが、90円で買える。つまり円の価値が上がって、ドルの価値が下がった。円高(ドル安)

このように基準とする金額に対しての上下で円安・円高と意味することになります。

きゃちネコ

「円の価値」上がった=円高、下がった=円安ってイメージすると分かり易いにゃ~!

マグロの説明は輸入品ということになりますね。では、輸出品を考えるとどうなるか?

① 4月1日にアメリカへ1個=1ドルのオレンジを売った。この時のドル円相場は1ドル=100円だったため、オレンジ1個が100円で売れたことになります。(ベースとする)

② 4月5日にオレンジを1個売りました。ドル円相場は1ドル=110円に変動していたため、110円で売れたことになります。⇒円安(高く売れた!)

③ 4月10日にオレンジを1個売りました。ドル円相場は1ドル=90円に変動していたため、90円で売れたことになります。⇒円高(安く売れてしまった)

このケースを見ると、円安の時には高値で、円高の時には安値で売られていることになります。これらのことから、為替相場によって輸入・輸出品の価格が変動することが解ります。

それにより、貿易が盛んな日本では、物価の変動や企業の利益などに密接に関係していることが考えられます。

円安・円高がどっちがお得か?というのはこっち!!と一概には言えず、モノ・シチュエーションによりけりと言えそうですね。

ちなみに

海外旅行に行くときは円安と円高どっちがお得なの?と気になったことがあるかと思います。これはズバリ、円高のタイミングです。

簡単な例で、アメリカに到着して10万円をドルに両替したとします。

1ドル=100円だと1,000ドルをもらえます。しかし、1ドル=90円だと約1,111ドルももらえます。111ドル得していますね。ドルを日本円で安く買えたわけですね!

きゃちネコ

その分買い物したり美味しいマグロを食べられるにゃ~🐡

ということで海外旅行は円高の時に行きましょう!

まとめ

以上が外国為替についての解説です。

上述の例は、単純に通貨の比較しかしていませんが、取引が発生した際は、決済のタイミングや税金などにより、実際の金額が異なってくると思います。

為替と聞くと少し難しいイメージを持たれていた方も多いと思いますが、基本さえ理解できていれば、ニュースで聞く言葉や経済の動向を読み解くことができるはずです。

買い物や旅行の計画、投資などにも活かせるので、身近な生活を少しでも有益にさせるために覚えておきましょう!

See you soon!!🐈